Archive for 9月, 2010

  • 東アジア共同体構想は、最近のグローバリゼーションの動向に対して新たな検討課題を提供している。経済開発の途上国の多いアジア地域では、経済開発の「離 陸」がはじまると同時に、公害や環境破壊も波及し始め、多くの経済弱者を苦しめている。

    東アジア共同体とクリーン開発制度設計

    東アジア共同体構想は、最近のグローバリゼーションの動向に対して新たな検討課題を提供している。経済開発の途上国の多いアジア地域では、経済開発の「離 陸」がはじまると同時に、公害や環境破壊も波及し始め、多くの経済弱者を苦しめている。

    Continue Reading...

  • 現在、東アジアは経済発展の「離陸」を成し遂げ、急速な経済成長の段階に入り、しかも東アジア諸国のGDPを合計すると、世界最大のシェアを占めるに至っ ている。しかし、現在の東アジアは、かつて先進国が「豊かさの病」であった公害問題をさらに深刻化し、「貧困と環境破壊の悪循環」として経験し、経済格差 の原因ともなっている。

    東アジアにおける地球環境問題の重要性

    現在、東アジアは経済発展の「離陸」を成し遂げ、急速な経済成長の段階に入り、しかも東アジア諸国のGDPを合計すると、世界最大のシェアを占めるに至っ ている。しかし、現在の東アジアは、かつて先進国が「豊かさの病」であった公害問題をさらに深刻化し、「貧困と環境破壊の悪循環」として経験し、経済格差 の原因ともなっている。

    Continue Reading...

  • 現在、東アジアの環境問題は、農業の拡大化・工業化に伴う森林減少、工業化に伴う産業公害の発生、人口増大による都市肥大化とモータリゼーションによる都 市公害などである。それらは、市場経済の発展と社会的共通資本の整備の遅れによる不均衡によって把握できる。

    東アジアの環境問題と「社会的共通資本」の整備

    現在、東アジアの環境問題は、農業の拡大化・工業化に伴う森林減少、工業化に伴う産業公害の発生、人口増大による都市肥大化とモータリゼーションによる都 市公害などである。それらは、市場経済の発展と社会的共通資本の整備の遅れによる不均衡によって把握できる。

    Continue Reading...

  • 従来、環境政策はコスト高をもたらす厄介物という誤った認識が支配していたが、最近のOECD諸国の実証研究によると、環境税等の環境政策の導入により既 存の制度体系のゆがみを是正し、しかも環境保全に寄与するという意味でプラスの効果があるとともに、環境投資による雇用創出効果が汚染企業の排除による失 業分を上回る純効果もっていることが実証されている。

    環境投資の「二重の配当」と「後発性の利益」

    従来、環境政策はコスト高をもたらす厄介物という誤った認識が支配していたが、最近のOECD諸国の実証研究によると、環境税等の環境政策の導入により既 存の制度体系のゆがみを是正し、しかも環境保全に寄与するという意味でプラスの効果があるとともに、環境投資による雇用創出効果が汚染企業の排除による失 業分を上回る純効果もっていることが実証されている。

    Continue Reading...

  • 地球温暖化を防止するために、国連(UNFCCC)は、二酸化炭素(CO2)等の温室効果ガス(GHG)」の排出規制を設ける『京都議定書』をめぐって国 際的な枠組み・制度設計の議論と調整を推進している。

    「京都議定書」と「環境国際協力」

    地球温暖化を防止するために、国連(UNFCCC)は、二酸化炭素(CO2)等の温室効果ガス(GHG)」の排出規制を設ける『京都議定書』をめぐって国 際的な枠組み・制度設計の議論と調整を推進している。

    Continue Reading...

  • 東アジアの環境と経済開発を両立させるためには、上記の制約を取り除き、途上国の関係諸機関と共同研究・教育体制を組織しながら、具体的な環境政策 を提案する必要がある。

    東アジア地球環境政策と「グリーン開発・環境協力委員会(仮称)」の編成

    東アジアの環境と経済開発を両立させるためには、上記の制約を取り除き、途上国の関係諸機関と共同研究・教育体制を組織しながら、具体的な環境政策 を提案する必要がある。

    Continue Reading...

  • ポスト・ケインズ派経済学(Post-Keynesian Economics)は、英国ケムブリッジ学派が提唱した「福祉の経済学」の伝統を継承し発展させてきた経済学です。

    ポスト・ケインズ派経済学

    ポスト・ケインズ派経済学(Post-Keynesian Economics)は、英国ケムブリッジ学派が提唱した「福祉の経済学」の伝統を継承し発展させてきた経済学です。

    Continue Reading...

  • 「アジア地球環境プロジェクト」は、中央大学において、川口弘教授のケインズ経済学研究と宇沢弘文教授の社会的共通資本の経済学、ケムブリッジ大学では J.ロビンソン教授とN.カルドア教授のケムブリッジ学派経済学、米国ではA.S.アイクナー教授やP.デヴィッドソン教授等のもとでポスト・ケインズ派 経済学を研究し、彼等の経済理論・経済思想的基盤のもとに生態経済学(Ecological Economics)を研究しています。

    アジア地球環境プロジェクトとは?

    「アジア地球環境プロジェクト」は、中央大学において、川口弘教授のケインズ経済学研究と宇沢弘文教授の社会的共通資本の経済学、ケムブリッジ大学では J.ロビンソン教授とN.カルドア教授のケムブリッジ学派経済学、米国ではA.S.アイクナー教授やP.デヴィッドソン教授等のもとでポスト・ケインズ派 経済学を研究し、彼等の経済理論・経済思想的基盤のもとに生態経済学(Ecological Economics)を研究しています。

    Continue Reading...

  • 近年、地球環境問題はますます深刻になりつつあります。地球温暖化、化石燃料の枯渇、オゾン層の破壊、森林減少、生物種多様性の喪失、工業化と越境 型酸性雨、水汚染、洪水や砂漠化等、その問題は広範かつ多様です。

    生態経済学

    近年、地球環境問題はますます深刻になりつつあります。地球温暖化、化石燃料の枯渇、オゾン層の破壊、森林減少、生物種多様性の喪失、工業化と越境 型酸性雨、水汚染、洪水や砂漠化等、その問題は広範かつ多様です。

    Continue Reading...